てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

赤ちゃんと深くつながる「バースストーリー」

 「いいお産、幸せなお産をするために大事なことは、

おなかの赤ちゃんと心の奥深くでつながっていること。

赤ちゃんとお話することを大事にしてください。」

胎内記憶の第一人者である池川明先生のお話を聞いて、魂が震えました。

わー。わたしが感じていることと同じ。

お産について、わたしなりに直感的に肌で感じていたことは、確かなことなんだ。と。

f:id:norimiy:20160921222401j:plain

‘‘未来への約束”

 わたしは、お産のときに「赤ちゃんへの手紙」を書きました。

赤ちゃんと出会う「未来への約束」です。

「あなたとこんなふうに出会いたいよ。」という気持ちをこめて。

 

今、ふりかえるとしみじみ思います。

赤ちゃんと深くつながることができたことって大事なことだって。

自分を。そして赤ちゃんを信じ切った。

だから、お産の時にオキシトシン(幸せホルモン)がたくさん出た。

それが「えがおで幸せなお産」につながったのではないかと。

 

 

赤ちゃんと深くつながる

「バース・ストーリー」

「バースストーリー??」と思う人が多いと思います。

バースプランは、今やお産のときは必ず書くと思います。

東大病院では、バースプランを次のように位置付けています。

「出産されるママ自身がご自分の出産についてイメージをもち、どのような出産にしたいのかを考え、主体的にお産に臨むためのものです」

「お産の時にしたいこと・・足湯、背中をおしてほしい。産後はカンガルーケアをしてほしい。などなど」といったメニュー的な要素が強いと思います。

 「バースストーリー」は、

赤ちゃんと深くつながるワーク

♥「バースストーリー」って?

●「バースストーリー」は、あなたと赤ちゃんがお話ししながら書く「出会いの手紙」

♥「バースストーリー」を書くとどんないいことがあるの?

●お産のイメージがはっきりもてるので、ゆとりをもってお産に臨むことができます。

だんなさんといっしょに読むとお互いの思いが共有できます。

[お産のイメージトレーニング完了!]

お産には予期せぬことが起こることがあります。

突然の変化が起こってもだいじょうぶです。

あなたは、赤ちゃんとつながり、

「出会いの約束」をしてあるのです。

だから、

あー。。

赤ちゃんは、

こんなふうに生まれてきたいのね?

うん。わかった。と

落ち着いてお産に臨むことができます。

 

バース・ストーリー誕生秘話

この「バースストーリー」は、

あるふしぎな体験がきっかけで生まれました。

37週。

もういつ生まれててもおかしくない。

わたしの赤ちゃんって、どんな赤ちゃんなんだろう。

うれしさいっぱい。

ちょっぴり不安も。

 

そんなある晩、ふしぎな夢を見ました。

おむつ一丁ではいはいして赤ちゃんが近づいてきます。

赤ちゃんは、にこにこ笑っててかわいい。

夢は、一晩だけでは、ありません。

別の日には、大きめの赤ちゃんがわたしのとなりで寝ている夢も。

夫にも夢の話はしました。

「もうすぐかもしれないね。」

そうだ。もうすぐなんだ。

これって、赤ちゃんからのメッセージかも。

 

わたしは、あなたと出会えるのを楽しみにしているよ。

もっと深く赤ちゃんとつながりたいと思い、「赤ちゃんへの手紙」を書くことにしました。

f:id:norimiy:20160921222417j:plain

ぽかぽかとあたたかい日差しの中

その日を迎えました

こんな書き出しから、始まり・・・

~~~~~~~~~~~~~~

あっ。なんかいつもとちがうな。

これは、ぽこんちゃんからの合図かもしれない。

わたしは、

「陣痛は、ぽこんちゃんからのメッセージ」

であることをよくわかっていました。

だから、

陣痛がくるたびにぽこんちゃんを

強くイメージしました。

♥ぽこんちゃんのにこにこ笑顔

♥はいはいして近づいてくるかわいい姿

♥はじめてのおっぱい。

飲んでくれたね。

そうやってぽこんちゃんをイメージしたら

陣痛の痛みは、痛みとして感じなくなりました。

~~~~~~~~~~

いよいよ分娩室に向かいます。

ぽこんちゃんは、

右回りでゆっくりゆっくり

暗い道を

勇気を出して下っていきます。

ぽこんちゃんは、

自分の力を信じています。

だから、‘‘この道”と

信じて進んでいくのです。

わたしは、ぽこんちゃんがおりてくるのを

ゆっくり感じています。

パパも見守ってくれています。

手を握ってくれたり一生懸命です。

わたしは、リラックスしているので、

ぽこんちゃんも少しずつ右にまわりながら

おりてきやすくなりました。

~~~~~~~

 

未来完了形で。

赤ちゃんとの出会いは叶いました。

そんな気持ちで書き綴りました。 

こうして、

心をこめて書いた

「バース・ストーリー」は、

わたしに大きな力を与えてくれました。

お産のときに

あったかいお日さまに

つつまれているような

安心感がありました。

そして、

驚くことに実際のお産では、

書いたことの

ほぼ90%が実現したのです。 

 

 

 

これってわたしの天命かも?

友人の南波さえさんが、

わたしのお産のふりかえり会のことを

紹介してくれました。

とってもあったかい文章で・・

思わずじーんときてしまい・・・

何回も何回も読みました。

こんなふうに見守ってくれる人がいる。

見ていてくれる人がいるって、

それだけでとってもうれしい。

背中からあったかく包んでもらっているような・・

そんな気持ちになりました。

 

そして、壮大なことまで考えてしまいました。

「自分のお産を語ること

 お産のふりかえり会をやること

 これは、わたしの天命かも・・」

なんだか大げさなようだけど・・・・

 

以下さえさんが書いてくれた文章です。

 

 

子どもは‘‘世界を映す鏡”

だから、わたしたち大人に

何か伝えなければならないことを

いろんな手段で身をもって

伝えようとしているんじゃないか。

そして

自分の子どもが

産まれて来てくれる

その時こそ

自分の本質を

純粋に知ることのできる

最たるシーンなんだと。

改めて思ったりした。

 

出産を経験した女性にとって、

「母」という生き物になったその瞬間を

ふり返るってことは、何だろう?

どんな意味があるんだろう?

 

どんなお産だったとしても

生命が

この世に降り立つ時に

‘‘自分という存在は、

絶対に尊い”と

認め、意識することが

できるチャンス

なのかな。

 

‘‘自分は大切な存在なのだ”

信じられることが、

その後の

子育てだけでなく、

様々な困難を

乗り越えてしまう

自分の力になるような

気がする。

子育てがスタートすれば、1人でそんなことを考えている暇などは、片時もないのだけれど・・

 

そのお産について、人と語り合える場を作っている人がいる。

おののりこさんは、

47歳で初めてのお産をし、

「お産の経験を語ってほしい」と

担当の助産師さんから

すすめられたことがきっかけで、

自らのお産を互いに語り合えるという場を開いた。

 

お産の経験を語ることは、

女性が自分を裸にして本質を語ること。

人としてとても誇らしい気持ちをもてること。

話す人にとっても

聞く人にとっても

人という存在に

‘‘心底やさしく”なれる。

なんて、すてきな活動だろうと思う。

 

子育てについて、自分の生き方について

何かしらのひっかかりや不安や迷いを感じつつも、

日々の慌ただしさに追われて

目を向ける余裕すらないお母ちゃんたち。

見ないようにしていることこそ

とても大切な生きるヒントがあるのかもしれない。

 

お産に対するわたしの想いは↓ 

わたしを突き動かすもの - てんてんぽこん

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

ほっこり~の 講座予約カレンダー

 おかげさまで、申し込みいただいています。 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

南波さえさんは、「おむつなし育児アドバイザー」「カラダオーケストラ・インストラクター」として活躍中。

防災講座とカラダオーケストラのコラボも。

さえさんのblogは、コチラ↓

ameblo.jp

  のぞいてみてくださいね。

 

わたしを突き動かすもの

わたしは、どうして自分のお産のことを語ろうと思ったのか?

どうして「お産のふりかえり会」をやろうと思ったのか?

原点に立ち返りたいと思った。

二人の言葉

わたし自身のお産をふり返った時に、

いつまでも心に刻まれた言葉がある。

その言葉を思い出すと心がほっこりあったかくなる。

「あなたは、あなたのままでいい」

そんなふうに大きなものに包まれたような気持ちになれる。

その言葉とは、

「二人ともよくがんばったね」

赤ちゃんが生まれた瞬間、夫がかけてくれた言葉。

待ちに待った赤ちゃんとの出会いの瞬間。

赤ちゃんを初めて抱いた時、

「これってホントなのか?」

「わー。ちっちゃい」

ふわふわして実感がつかめなかった。

壊れそうなくらいはかない。

しかし、ドクドクと心臓の音が力強く聞こえてくる。

夫からそんな言葉をかけてもらい、

朦朧としつつも、

「あー。よかったなー。」

身体中の細胞で喜びを感じ取れたような。

そんな気持ちになった。

お母さんの姿が神々しくて

東大病院で担当のの助産師さんとお産のふりかえりをやったときのこと。

助産師のSさんが次のように言葉をかけてくれた。

「あなたのようにすばらしいお産はみたことがありませんよ。

お母さんと赤ちゃんがいっしょになってお産に臨んでいて。

赤ちゃんの陣痛にお母さんが寄り添うように応えていて。

お母さんの姿があまりにも神々しくて。

あったかいお産でした。

わたしは、助産師としての自分のあり方を問い直しました。

お産は、お母さんと赤ちゃんのもの。

わたしたちは、そっと見守るだけでいい。

あなたのお産のことをぜひ、みなさんに広めてください。」

 

 二人の言葉からの気づき

ありのままの自分でいいんだ

自分が一人の女性から‘‘母親”となったその時、

夫と助産師のSさんが、

ありのままのわたしを受け止めて勇気づけてくれた。

「だいじょうぶ。

あなたのお産はそのままでいいんだよ。」

二人の言葉にはそんなメッセージが込められていたんだな。

 

あなたのお産を勇気づけたい

自分のお産を受け止めもらったことで心がほかほかあったかくなった。

‘‘勇気のエネルギー”でいっぱいに満たされた。

 

今度は、わたしが、だれかのお産を受け止める人になりたい。

ひとりひとりみんなちがうお産の体験をみんなで語り合う。

「わたしのお産はこれでいいんだ」と

自分にやさしくなれる。

心がほっこりする。

語る人、それを聴く人。

その場にいるみんながあったかい気持ちになれる。

そんな場をつくっていきたい。

過去記事コチラ↓

 助産師さんの一言に突き動かされて - てんてんぽこん

f:id:norimiy:20170224113412j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

10:30~12:30

北区十条

「ほっこり~のプラス」

ほっこり~の 講座予約カレンダー

※おかげさまで問い合わせ、たくさんいただいています。

 

 

 

 

 

 

お産のふりかえりへの思い

どうしてわたしは、

「お産のふりかえり」を続けているのか?

わたしを突き動かすものは何だろう?

お産への思い。

原点に立ち返ってみたいと思いました。

f:id:norimiy:20170510153719j:plain

わたしのお産は、

これででいいんだよ

お産は、あなたと赤ちゃんが紡ぐ

かけがえのないもの。

一つとして

同じものなんてありません。

100人いれば、

100通りのお産のドラマがあります。

赤ちゃんの心拍が弱い

へその緒が肩に巻き付いてしまった

やむなく帝王切開

思い描いたお産にならずに

無力感でいっぱいになることも。

 

そんなお産はダメなお産?・・・・

いえいえ。

どうか自分を責めないでください。

 

赤ちゃんは、

お母さんが悲しむことは

しません。

それは、

お母さんと赤ちゃんにとって

必要なことだったのかもしれません。

 

無事に赤ちゃんに出会えたことを

大事に思ってほしいんです。

「わたしは、精一杯やった。

赤ちゃんと出会えてよかった」と。

「わたしのお産は、

これでよかったんだ」と。

 

自分のお産を丸ごと受けとめて

「だいじょうぶ」と

いってあげられる。

これが、前に進む

‘‘勇気のエネルギー”に

なると思います。

 

想いを語り合う

心がほっこりする

それが、「お産のふりかえり会」

お産でうれしかったこと

心につっかえていること

傷ついたこと

傷ついた心にフタをして

見ないようにしてきたこと

そんな自分の心と向き合う。

心にそっと手をあてて。

 

わきあがってきた自分の想いを

言葉にしてみる。

みんなで想いを共有する。

そして、

「心がほっこりあたたかくなる」

「みんなとこの場にいることがうれしい」

そんな気持ちになる。

 

そんなふうに

心がほかほか、あったかくなる場

なんですよ

「おさんのふりかえり会」って。

 

参加者のみなさんとの

‘‘あったかい心のふれあい”が

できるといいな

そんな思いで

わたしは、今日もこの場をひらく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

10:30~12:30

北区十条

「ほっこり~の」

お申し込みはコチラ↓

ほっこり~の 講座予約カレンダー

 

f:id:norimiy:20170224113412j:plain

 

ザ・フンドシへの道!!

よしっ。この子と向き合おう。

おしっこ・💩。

どんなことも受け止めるぞ。

親の覚悟さえあれば、おむつなし育児は、楽しい。

f:id:norimiy:20170419123639j:plain

おむつなし育児を始めて4週間。facebookに投稿したら、反響があまりにも大きかったので、blogにまとめてみようと思った。

f:id:norimiy:20170419123226j:plain

カワイイだけじゃあダメ?

いきなりスッポンポンやおまるに誘うのもどうかと迷い・・

布オムツにトライ。1日で断念。

コレ、かわいい柄だが、ホックを留めるのに四苦八苦。

もこつくのがイヤなのか、子どもに断固拒否され。

あえなく断念。テープで留める従来のオムツカバーがよかったのか・・・

 

 

f:id:norimiy:20170419123421j:plain

 アンパンマンならどうか?

「おにいちゃんパンツはこうか?」

この誘いにノリノリ。

トレーニング用に大きめに作ってあるから濡れる感じが肌でわかる。

いいことたくさん。でも待てよ。

▲おまるやトイレに誘う時に脱がせるのがタイヘン

▲ソフライナーを一枚引いてから履かせたが、💩が出たときタイヘンなことに!

▲パンツ6枚では、洗い替えがもたない・・・

f:id:norimiy:20170419123639j:plain

 ついにコレ!ザ・フンドシ

なんかいい手はないかと考えていた。

おしっこや💩のときもするっと脱がせることができるヤツ。

以前本で読んだ「ふんどし育児」の衝撃的な表紙の写真がチラついた。

「よし、やってみよう。今、家にあるものですぐできないか?」

探せばある。ある。赤ちゃんのときふんだんに使っていたガーゼタオル。

フンドシ用に切ろう。(切れ端の処理なし。いいの。そのへんは)

町会のお祭りてぬぐいもあるぞ。

いいことたくさん。

⦿家にあるガーゼタオルや手ぬぐいで代用(エコ・節約)

⦿おまるに誘う時に、スルッとひっぱるだけ(コレは、便利)

⦿フンドシは古来からの知恵

リンパの流れもよくなる?基礎代謝も上がる?(ふんどし育児の本に書いてあった)

 

床に「ちー」に「じーん」

おまるでは、まだ成功していないけど。

床に「ちー」おふろで「ちー」ができるように。

じゃがんで「ちー」する姿がかわいい。

出ているとこををじっと見つめるわが子。

「できたねーすごーい」

思わずぎゅーっとだっこ。

自分でやろうとする姿。

そして、それを見守り寄り添うことができたことがうれしい。

育児ってこんな小さなささやかなことに

子どもといっしょに喜びを見出すことかな。そんなふうに思う。

子どもにとって、わたしにとって何がよりベターなのか探っていくこと。

それを楽しみながらできたらいいな。

f:id:norimiy:20170224153518j:plain

■おむつなし育児ワークショップ第2弾

6月6日(火)北区北赤羽にて開催!

5月9日(火)告知します。お楽しみに!

■おむつなし育児ミニコラム

・おむつなし育児は‘‘勇気づけ”

・夫の言葉は‘‘勇気づけ”(💩事件)

おむつなし育児の気づきをまた、書いていきたいです。

過去記事はコチラ↓

■ 楽しさは伝わるんだね(おむつなし育児) - てんてんぽこん

ほめてもらえてうれしい - てんてんぽこん 

 

五感を育てるおむつなし育児―赤ちゃんからはじめるトイレトレーニング (セレクトBOOKS)

五感を育てるおむつなし育児―赤ちゃんからはじめるトイレトレーニング (セレクトBOOKS)

 

  

ふんどし育児  布一枚、紐一本。超シンプルおむつライフのすすめ

ふんどし育児 布一枚、紐一本。超シンプルおむつライフのすすめ

 

 

 

 

 

 

ほめてもらえてうれしい

なんか照れくさいな。

むずむずする。でもうれしい。

さえさんとの出会いやおむつなし育児。

湧き上がってくる思いを素直に書き留めておこうと思いました。

f:id:norimiy:20170419142620j:plain

いっしょにいると楽しい

3月末に「おむつなし育児ワークショップ」をさえさんといっしょにやったときのこと。

お会いして、会場探しやら、当日の流れやら・・

子どもが途中で脱走するも(汗・・)

いっしょにいると楽しい。

ーさえさんといっしょならだいじょうぶ。きっといい会になる。

ワクワクしてきました。

おむつなし育児は”愛”

そして、さえさんがおむつなし育児について語る姿にすっかり魅了され。。

 

「まず、心得てほしいのは『おむつなし育児は、トイレトレーニング、おむつはずしトレーニングではないんです。』

おむつを履かせているのは大人の都合。

大人の都合で履かせているものを大人の都合で明日からはずさせる。

「さあ、はい。トイレでしなさい。」

「自分でできるでしょ。」って言われても・・・

子どもにとっては、ある意味暴力的。

戸惑いますよね。

わたしたち大人だって、明日から

「はい。では、明日からおむつの中でしなさい。」って言われても・・・それと同じことなんです。

 

 おむつなし育児は、子どもの排泄に心を寄せてサポートすることにより、心や体の感覚や親子の深いコミュニケーションを育むことができるんです。

これって、人間の根源的なことだと思うんですよ。

なのに・・なのに・・

お母さんの関心のベスト3は、食事や睡眠、遊びや英語などのおけいこごと。

排泄に関しては、おむつをはかせるだけ・・・

残念すぎます。

 

どんなに時間がなくとも、やれるときでいい。

ほんの少しわが子の排泄に寄り添う。

できた喜びを分かち合う。

床にしたっていい。

子どもは、わかってくれるはずですよ。

お母さんが本当に自分に心を寄せてくれていることを。

おむつなし育児は、新たな子育ての目線を開くきっかけになる。

子どもともっともっと豊かなかかわりを増やすきっかけにしてほしいんです。」

この思い、みんなに伝えねば・・

おむつなし育児には、子どもに対する深い愛がある・・

これは、、スゴイ・・

このよさをみんなに伝えたい・・

そんな思いでワークショップを立ち上げました。

もう、夢中でしたね。

のりみさんは、

カッコイイお母ちゃん

さえさんは、その後facebookでこんなふうにわたしのことを書いてくれました。

チョット照れくさいけど・・

以下さえさんの文章の引用です。

 

子育てって、ホントに驚くほど「切なる思い」に駆り立てられることがある。

自分のことより、「子どものために」っていう熱い思い。

だからこそ、なりふりかまわずでも、その熱意で”人のためだけに””山をも動かしちゃうのだ”。きっと。

のりみさんは、はじめてお会いした時からそんなパワーのある方でした。

「自分の知りたい・やりたい」に自然とどんどんヒトを巻き込める人。

知識を、自分のすべてに置き換えて実践できる人。

カッコイイお母ちゃん。

出会えたことが幸せ。

ありがとうございます。

また、いっしょにやろうよ

「次もやってほしい。」

そんな声がかかり、6月上旬にやることに決まりました。

告知4月末にはしたいと思います。

 

===おむつなし育児ミニコラム===

わたしのおむつなし育児もblogにまとめておこうかと思います。

ゆっくり書いていきます。お楽しみに。

☐これぞザ・フンドシへの道

☐夫のやさしさにグッと

☐おまる遊びは💩のサイン?

f:id:norimiy:20161118201858j:plain

 

 

 

 

楽しさは伝わるんだね(おむつなし育児)


f:id:norimiy:20170331135419j:image

成田空港、雪のニュース。えー!!マジ😲⁉

3月末なのに。。

突き刺すような冷たい雨。

このまま、家から出たくない。

その中をある方は、ベビーカーを押して。

ある方は、おんぶをして。

一人また、一人とこの日のために集まってくれました。

参加者のみなさんのお顔を拝見しただけで、なんだか涙がでそうになりました。

大変な中、本当にありがとうございました。

そう。おむつなし育児ワークショップの日のことです。

始めは、1人でやるつもりでした

そろそろおむつをはずしたいな。

そんなふうに思っていたとき、知人の助産師さんに「おむつなし育児」をすすめられ。

おむつなし育児は、単なるハウツーじゃあないんです。

おむつを早くはずすことでもないんです。

もっと、もっと奥深い。

子どもの「したいサイン」を汲み取る。

「心と心が通い合う・心の交流」

自分でできたことが、自信につながる。

おー。☝だ。これだ。

で、どうやるの?

まてよ。ステキなあの人に

難波さえさんのお顔が浮かんできました。

さえさんは、「カラダオーケストラインストラクター」として体を使って親子で楽しめるワークショップを精力的に展開中。

「おむつなし育児インストラクター」としても、活躍しています。

さえさんに相談したら、即、OK。

どうせやるなら、楽しい方がいい

せっかくだから、他にもやりたい人がいるかも。

でも、「おむつなし育児」って、ネーミングもちと、スゴイ。

家の中でスッポンポンでいるのか?

そこらじゅう💩されたら困るなー。

そう思うお母さんもいるハズ。

まて、まて。

そのへんは、わたしもわからないから、いっしょに学ぶつもりで声をかければ、いいし。

ご案内におむつなし育児の楽しさやよくある疑問なんかも載せればいいんじゃないの?

思いついたら、即イベント作成しちゃいました。

即、満席!増席のため会場探し

おー。しかも、あまりの問い合わせの多さに増席のための会場探し。

環境にやさしいおむつなし育児。

環境を考えるステキな会場もすぐ見つかり。

なんだか、どんどん事が進んでいくのに、ビックリ。


f:id:norimiy:20170331142549j:image

応援メールまで‼

「わたしも、やってるよ。わたし、おむつなし育児大好きさ。」

「産後2ヶ月でおまるあてがって、やったよ。自分でできる喜びって大きいね。」

次から次へと「おむつなし育児」の楽しさを伝えるメールをいただきました。

それが、きっかけで、参加者が増え。

楽しい波動は、伝わる

自分が「やりたい!」「楽しい!」って思えることは、相手にも伝わるんですね。

ワークショップに参加してくださった方、応援メールやあたたかく見守ってくださったみなさま。本当にありがとうございました‼

みなさまのおかげで、わたし自身がイキイキと活動することができました。

感謝いたします。

いよいよ、明日から新年度。

新たな出会いや楽しみを見つけていきたいです。

 

 

f:id:norimiy:20170331143605j:image