てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

赤ちゃんとの絆をつくりたい

f:id:norimiy:20161021234957j:plain

 "赤ちゃんとの絆づくり"をしていきたいと思います。

参加してくださったNさんの言葉が心に響きました。

自分のお産のことを語るはじめの一歩に参加してくださったみなさんに心より感謝いたします。ありがとうございました。

自分の経験を語ることで多くの気づきを得ることができました。参加者のみなさんと学ぶことができ感謝の気持ちでいっぱいです。

 Nさんは、二人目のお子さんを妊娠中で「えがおでお産」の「えがおでお産ができるのか?」といったことに興味をもち、参加いただきました。

 

Nさんの語りー”心の準備”があれば

Nさんは、わたしの話をご自身の一人目のお子さんの出産と重ね合わせながら聞いていました。

そして、次のように語ってくれました。

 初めてのお産で陣痛はどうだとか

 産むことばかりに

 気を取られていました。

 お産がどう進むのか

 頭ではわかっていても

 実際どうなるのか予想もできなくて。

 お産がなかなか進まなくて、、

 そんなとき、いきなり

 『切りますか?待ちますか?』と言われ。

 判断も何もできず。

 何が起こっているのかもよくわからず、、

納得のいくお産ができなかったことが心残りのようでした。

さらには、こんなことも。

 お産への”心の準備”がほしかった。

 ”心の準備”があれば少しはちがっていたのかも。

 

赤ちゃんと出会う”心の準備”ができる場を

 わたしは、あふれんばかりのNさんの思いを精一杯受け止めようとしました。

「そうですよね。赤ちゃんと出会う”心の準備”があれば、何か思いがけないことがおこってもだいじょうぶって思えますよね。」

こんなやりとりをしながら、ふっと思いついたんです。

「産院でも母親学級でもおなかの赤ちゃんとじっくり向き合ったり、赤ちゃんを迎える”心の準備”をする機会ってないよなあ。わたしが、やりたいことは、これなのかもしれない。」と。

赤ちゃんと出会う「心の準備」ができる場、お産について安心して語れる場。

そんな「ほっこり」できる場をつくることができたらいいなあと。

 

さらなる気づき

ーどんなお産であっても立派なお産です。

 赤ちゃんと出会えたことに変わりはありません。

お産にはいろいろな道のりがあります。予期せぬ事態が起こる場合もあるでしょう。

赤ちゃんは、お母さんの悲しむことはしませんよ。その事態は、もしかしたら必要なことだったのかもしれませんね。

「あっ。今、この道できたのね。」そんな心のゆとりをもてるといい。

実際そんなゆとりは、まったくないと思うけど。

赤ちゃんを信じるーこの気持ちがあればいい。

どんなお産であっても、赤ちゃんと出会えることに変わりはないんです。

お産をまるごと受け止めて「だいじょうぶ」と自分にOKが出せるといい。

わたしの力量でそれを支え切れるか、。とも思うけど、できたらいいなあと思います。

ー赤ちゃんと心を通わせ向き合うこと

赤ちゃんと心を通わせること。それは、妊娠中の醍醐味だと思います。こんなに幸せなことはありません。

お母さんが愛情いっぱいに向き合っていることを赤ちゃんはちゃんとわかっています。全身で受け止めています。

赤ちゃんと心を通わせ、向き合うことが、お母さんと赤ちゃんの絆を深め一体となってお産に向かうことができるのです。

 

Nさんの最後の言葉がすてきでした。

「この子のお産では、心から”えがお”になれるように赤ちゃんが生まれてきてよかったと思えるような雰囲気をつくりたいです。

”赤ちゃんとの絆づくり”を進めていきます。」

さいごに。

ご自身のお産を語ることは、とても勇気がいることだと思います。

Nさんの勇気ある発言に敬意を表し、結びとします。