てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

ママの愛情は、赤ちゃんに伝わっているよ

f:id:norimiy:20161104203949j:plain

"赤ちゃんとの絆つくり”を楽しみながらやっていることは、

赤ちゃんにちゃーんと伝わってるよ。

Mさんのあふれんばかりの愛情をいっぱいに感じたひとときでした。

「バースマップ」を作るワークを行いました。

「バースマップ」は、「あなたらしいお産」のイメージをはっきりともつことができるようにするためのツールです。

妊娠生活が楽しく健康に過ごせるようにやってみたいことを雑誌の切り抜きをコラージュして作ります。例えば、「おいしい食事で元気をチャージしたい」なら和食中心のおいしそうな写真の切り抜きを貼っていきます。

”赤ちゃんとの絆”を深める写真でいっぱい

Mさんは、画面中央に上ののお子さんが大きくなったお腹を

「そうっと」さすっている写真を貼りつけました。

だんなさまのカメラワークもとってもすてき。

やわらかな空気感が伝わってくるような写真でした。

 また、上のお子さんが赤ちゃんの超音波写真を持っている写真も。

家族みんなで赤ちゃんが来てくれることを心待ちにしてることが、

すごく伝わってきます。

 さらには、カヤックに乗っている写真も。

アウトドア一家で上のお子さんがお座りができるようになったら、

すぐにだんなさまがカヤックに乗せて、広い湖を探検したそうです。

しかも、カヤックは、自前! 

筋金入りのアウトドア一家!

「また、みんなでいきたいな。いっしょにキャンプもしたい」

お産が終わってから、楽しみたいこともイメージできています。

思いがいっぱいつまったコメントに思わず、じーん

___大きくパンパンなったおなか

   手術は、痛いけど

   あなたに会えるんだ

   だから、たえられるよ

赤ちゃんは、きっとおなかのなかでこんなふうに

お話ししていると思いますよ。

_____ママ。わかったよ。

   もうすぐだね。

   ママががんばるんだから、

   いっしょにがんばるよ

Mさんは、帝王切開をされるそうです。

お産という非常にプライベートな事柄について私見を述べることは、

はばかられるかもしません。

が、あえて思いを言わせてください。

帝王切開もりっぱなお産だと思います。

「赤ちゃんとともに”愛のあふれるお産”」にしたいと

真摯に願うMさんの姿をみて

深い感銘を受けました。

Mさんの赤ちゃんが無事生まれますように。

そう、願わずにいられません。

f:id:norimiy:20161104203456j:plain

ーちょこっと「ほっこり」-

ワークショップ当日のこと。

いい一日になるような、そんなできごとです。

赤とんぼがとっても気持ちよさそうに羽を伸ばしていたので

思わずシャッターを切りました。

「ぼくをみてね」

とでも、言っているよう。

しばらくじっと止まっていてくれました。

お日さまの光に羽がきらきら光ってとってもきれいでした。