てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

お産とオキシトシンの深ーいカンケイ

f:id:norimiy:20161107215706j:plain

お産や子育てに大事なホルモンである、”オキシトシン”。

「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも言われます。

お産と”オキシトシン”。

うん。うん。って思わず赤べこみたいにうなずいちゃったことがあるのでみなさんに伝えたいと思います。

 

「お産のふりかえり&カラダオーケストラ」というコラボワークショップに参加。

お産のふりかえりは、杏林大学病院で助産師をしている勝田とも子さん。

カラダオーケストラは、シンガーソングライターでカラダオーケストラインストラクターの加藤希さん。

”オキシトシン”って?

お産のときは、”オキシトシン”がいっぱい出るとお産が進みます。

お産のとき少しでも、不安を感じると分泌が少なくなるそうです。

「なんかいやな感じ」「だいじょうぶかしら」「これからどうなるの?」

など、不安がよぎるとお母さんは、赤ちゃんを守るため本能的にお産が進まなくなるそうです。

どうしたら、”オキシトシン”が出るの?

では、どうしたら”オキシトシン”をいっぱい出してお産を進めることができるんでしょうか?

●自然分娩・帝王切開・いろいろな状況がある中で、

「わたしが、この子を産むんだ」

「どんなお産であっても立派なお産なんだ」という

”心の準備”がきちんとできていること。

●「わたしは、絶対だいじょうぶ」と

”自分の力を信じる”こと。

陣痛は、確かに痛いものですが、

痛みや恐怖を感じると

とたんに”オキシトシン”が抑制されるそうです。

陣痛がきたら、

「よっしゃー。赤ちゃんに会える」

と、ポジティブに考えると言いそうです。

●信頼できる、安心できる人が寄り添ってくれること。

だんなさんが背中や腰をちょうどいい塩梅で

押してくれると、それだけで「ほっと」します。

声かけも大事。

「だいじょうぶ」って。

リラックスがお産のカギ

とも子さんが扱ったすてきなお産の話を聞きました。

ある妊婦さんが、何かの拍子にお産が進まなくなり、

ぴたりと止まってしまったそうです。

「切りますか?待ちますか?」といった状態に。

こういう場合の判断は、いろんな状況が重なるので一概にどうとは、言いにくい面があります。

そのとき、とも子さんは、

「〇〇さんの子どものころは、どんな子だった?」

と切り出し、妊婦さんの生い立ちの話に耳を傾けるようにしたそうです。

そうしたら、妊婦さんの顔も自然とゆるみ、リラックス。

そこからは、不思議と少しづつ少しづつお産が進んでいきました。

この話、吸い込まれるように聞き入ってしまいました。

最後は、カラダオーケストラ、楽しんじゃおう

加藤希さんの軽快なトークとリズミカルな動きに引き込まれました。

「今からアイドルになって。ここは、ステージ。わたしは、アイドル」なんてノリでスタート。

しだいに、

「百恵ちゃんの引退記念。マイクをかっこよく置く。はい。おのさんも」

百恵ちゃんになりきってやりましたよー。

あー。おもしろかった。

今日の気づき

●妊婦さんの”心の準備”になるようささやかなお手伝いができたらいいなあ。

これがわたしのしたいことだと改めて気づきました。

●お産を語り合うことで「自分のお産をまるごと受け入れ、だいじょうぶ」

といってあげれるようになるといい。

前を向くことができる一歩につながるのではないかと思います。

お産を語り合う「静」と思いっきり体を動かす「動」のコラボ。

こんなのやってみたいな。新しい思いも芽生えてきました。

 

加藤希さんについては、コチラ↓