てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

わたしのお産を受け止めてもらえるっていい

f:id:norimiy:20161121203403j:plain

__自分のお産をつつみ隠さず語れること

  まるごと受け止めてもらえることって

  なんて心おだやかになれるんだろう。

「のりみさんは、ご自分の心を整えることがてっても上手ですね。」とKUNIEさん(写真左)

「のりみさんの赤ちゃんへの手紙・バースストーリーっていうんですか?これ読んでみたい。なんか台本みたいですてき。」とNAOKOさん。(写真右)

そのひとことに、思わず「ほっこり」

自分のお産をもう一度見つめ直してみたいと思い、マザーズペンクラブの「バーズレビューカフェ」に参加しました。

「バースレビューカフェ」で”ほっこり”

KUNIEさんとNAOKOさんのあったかい言葉かけにほっこりしました。

わたしは、そもそも妊娠に気づかず。

だるさと震えのダブルパンチに

「ついにきたか!更年期」

とばかりに更年期専門医の門をたたいてしまいました。

妊娠とわかったときも、喜びは、ほんのちょっと。

高齢だから、赤ちゃんが無事育つか心配で・・

しかも、高齢だとお産に耐えられずに子宮ごと摘出する??なんていう恐ろしいことも耳にして・・

「出血があります」と医師に言われ・・

切迫流産で自宅安静・・

こともあろうか、恐ろしい夢にうなされる始末。

大量出血。シーツは血だらけ。赤ちゃんがダメになるという・・

ますます、コワくなり・・

完璧マイナスモード。

そんなとき、心配なこと不安なことをぜんぶ日記に書いて吐き出していたんです。

写真は、コチラ↓(22週あたりのもの。こちらは、楽しいことが)

f:id:norimiy:20161121233809j:plain

そのことをとらえてKUNIEさんが、

「のりみさんって自分の心を整えるのがとっても上手」

と言葉をかけてくれました。

うれしかった。

お二人のあったかい雰囲気に心がほぐれていきました。

「いっしょにがんばりましょう」

その一言にまた”ほっこり”

「のりみさんも、わたしたちと同じ問題意識をもっているんですね。いっしょにがんばりましょうよ。」

そんなふうにお二人に声をかけていただいてすっごくうれしくなりました。

「わたしたちも、専門家ではありません。社会にとってママたちにとって必要だ!という思いにかられてやっているんです」

そうです!!そうです!!わたしも!!

原点である「わたしが伝えることの意味」をかしめながら・・

次回は、「お産のふりかえりってどうして大事なの?」のお話をしたいと思います。

 

マザーズペンクラブのお二人のサイトはコチラ↓

http://motherspenclub.blog.jp/