てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

見つめ直してみませんか?お産のこと

 

f:id:norimiy:20161122210559j:plain

見つめ直してみませんか?

あなた自身のお産のことを

お産のふりかえりは、”心の浄化”

お産をぶりかえり、思いを書いたり、語ること。相手に受け止めてもらうこと。

それは、”心の浄化”になる。

わたしは、ワークショップでお産のふりかえり会をしてあることに気づきました。

病院でバーズレビュー(お産のふりかえり)をやらないことがとても多いということに。

お産を語る場がないんです。

これって、とっても悲しいこと。

お産でうれしかったこと・よかったことをふりかえることって大事。

それとともに、心残り・悲しかったことなどの心のドロドロとした負の部分も見つめていくことってもっと大事。

モヤモヤ・ドロドロを吐き出すことで”心の浄化”になり、前を向いていけると思うんです。

ある種の「セラピー的な要素」もあると思うですよ、お産のふりかえりって。

モヤモヤ・ドロドロを安心して語れる場がある。

モヤモヤ・ドロドロを受け止めてもらえる場ある。

そんなささやかな場をつくっていけたらいいなと思っています。

「お産のふりかえり」って自分を受け止めること

「お産のふりかえり」ってあんまり知られてないけど、実はとっても大切。
母になるはじめの一歩を踏み出すため”自分のお産を受け入れる”大切なワーク。
お産って女性にとって、そして家族にとって人生の一大事業。
100人いれば、100通りのお産のドラマがあります。
赤ちゃんの心拍が弱い

へその緒が肩に巻き付いてしまった

など苦難を乗り越えてのお産も。
自分の思い描いていたお産ができなかったことに、罪悪感や無力感でいっぱいになることも。

医療の介入があろうとも、無事赤ちゃんに出会えたことを大事に思ってほしいんです。
だいじょうぶだよ。
どんなお産だって立派なお産だよ。

「わたしは、精一杯やった。

 赤ちゃんと出会えてよかった。」と。
自分のお産をまるごと受け止めOKが出せるといい。 

見つめなおしてみませんか。

あなた自身のお産のこと。

語り合いましょうよ。

次回は、「47歳初産・ぽこんのお話&お産のふりかえり会」のご案内です。

コチラ↓

 

norimiy.hateblo.j