てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

お産を語ることは自分を語ること(お産ラボ体験①)

f:id:norimiy:20161127224300j:plain

_子どもが親を選んで生まれてくるんですよ

 体内記憶っていうんですよね。

 子どもはお空からよく見ていて、

 このお父さんとこのお母さんの

 ところに行きたいって。

 この子が生まれて

 この子が来てくれた意味を考えました。

 母として自分ができることがないか

 って考えたんです。

 それが、”お産ラボ”への参加とお手伝いです。

CIKAさんは、静かに語りました。

母としてもっと輝いていきたいという思い。

すてきです。

ありのままの思いを語る場

”お産ラボ”にオブザーバーとして参加しました。

”お産ラボ”は、「自分のお産のことを話す、聞く、考える、みんなで思いを共有する」場です。

”お産ラボ”では、自分のお産の体験をありのままに語ります。

CIKAさんの語りに自分を重ねて

CIKAさんのまっすぐなまなざしにうん。うん。とうなづきながら、いつしかわたしは、自分のお産のことに思いをめぐらせていました。

___胎内記憶___

子どもは、自分がうまれてくるときのことを覚えているって。

その夫婦に何かを学ばせるために、ある使命をもってうまれてくるって。

あー。あの二人は、楽しそうだから、もっと楽しませたいなと。

あの二人は、けんかばかりだから、仲良くすることをわかってほしいなと。

たとえ、自分を苦しめたり、傷つけたりする親であってもそれを覚悟で。

 わが子は、何を思ってうちに来てくれたんだろう。

「ボクがうまれてきたことを

 みんなにお話してね。

 きっとみんなを

 勇気づけることができるよ」

 そんなことがふっと浮かんだ。

お産を語ることって、自分を語ること

ひとりひとりが、静かに語る。 

聞き手は、黙って相手の思いを受け止める。

沈黙やあふれる涙も皆で受け止める。

語る声を聞きながら、自分と重ね合わせ、自分のお産と向き合う。

思いを語り、わかち合う。

あらたな気づきが生まれたり、喜びでいっぱいになる。

帰り際、お母さんたちの表情が「ほっこり」明るくなった。

 

お産を語ることって自分を語ること。

お産ラボに参加して自分のあり方を見つめることができた。

自分のお産をまるごと受け止めて、「だいじょうぶ」といえる場を、

「ほっこり」できる場をつくっていきたい。

次回は、”お産ラボ”とわたしの出会いについてお話しします。

お産ラボの関連は、コチラ⬇

osanlabo.com