てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

”お産ラボ”との出会いを引き寄せ(お産ラボ②)

 

f:id:norimiy:20161127224401j:plain

「行きたい。語り合いたい。」

心の奥のもうひとりのわたしが「あなたがいくべきところは、ココ」と、押し上げる。

_そうだよね!

思いのままに、迷うことなく連絡を。

心がわくわくしたところ。

そこは、”お産ラボ”

”お産ラボ”は、「自分のお産のことを話す・聞く・考える・みんなで想いを共有する」ところ。

お産ラボ!コレよ!コレ!

”お産ラボ”とわたしは、まさに、引き寄せられるようなご縁で出会いました。

ナヌ?おっさんお産を語る?

地元紙にこんな見出しが。

「お産テーマ 父親が語る おっさんラボ開催」

これは、いい。

おっさんがお産について語る!!

なんて、すてき。

地元もついにおっさんがお産について語れるほどになったのか!

そんな場をつくった”お産ラボ”って何ぞや?

なんか気になるぅ~。

blogのシェアから、まさかの出会いに

そんなことを思っていたら、友人の松浦優子さんが、わたしのblogをシェアしてくれた。

彼女は、NPO法人マドレボニータ認定インストラクター

「母となった女性が産後の養生とリハビリに取り組み、本来持っている力を発揮できる日本社会の実現」のビジョンをもつ。

活動目的は、産後が起点となる社会問題を解決していく。(産後うつ・乳児虐待・早期離婚・など)(詳しくは、マドレボニータで)

11月から島田市でインストラクターとしてデビュー。

地元で産後ケアに邁進する彼女をみて、

「これは、応援せねば!」とアツくなり。

意気投合!

わたしの記事「見つめなおしてみませんか?お産のこと」をシェアしてくれ。

お産のふりかえりの大切さに共感してくれた。

「ありがとう。」

と感謝していると、そこには、ナント”お産ラボ”のスタッフの方からのコメントが。

「お産ラボでお待ちしています。」

まさに、シンクロニシティー‼

(共時性。意味ある偶然の一致)

これは、きっとわたしにとって、学びや気づきがあるに違いない。

しかも、地元帰省中にお産ラボが開催されるなんて!

オブザーバーとして飛び入り参加させてもらいました。

f:id:norimiy:20161122111123j:plain

_ちょこっと「ほっこり」_

色づく葉もきれいですね。いつも行くカフェにて。

お産ラボのみなさんから「ほっこり」するコメントをいただいたので紹介します。

_わたしたちものりみさんのお話、

 とても興味深く聞かせていただきました。

 感謝します。

 のりみさんにしかできないことって

 あると思います。

 お話。座談会。

 のりみさんの想いが、

 必要としているお母さんたちに

 届きますように。_

出会いってすてきだな。

出会えたことに感謝したい。

そんなふうに改めて思いました。

 

次回は、わたしの超.超高齢出産体験談です。(ひさしぶりに)

お産ラボ体験レポートは、コチラ↓ 

norimiy.hateblo.jp

 マドレボニータ認定インストラクター松浦優子さんのblogは、コチラ↓

plaza.rakuten.co.jp