てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

あなたにとってお産とは?一言でどうぞ!(第3回お産のふりかえり会②/4)

f:id:norimiy:20161202130328j:plain

しらさぎふれあい助産院・院長「木村恵子さん」のとってもすてきな言葉に勇気づけられました。(写真左)

「みんな、無事うまれるのがあたりまえって思ってるけど。

お母さんは、命がけで産んでるんだから。

帝王切開でおなかを切ることだってある。

お母さんは、子どものためにおなか切るんですよ。

だれかのためにおなか切れますか?

そんなこと普通できませんよね。

でも、お母さんは子どものためなら命を賭けることができるんです。」

涙が出そうになりました。

お母さんは、命がけで産み落とす

そうなんです。

お母さんは、命がけで産み落とすんです。

子どものために、おなかを切ることもいとわずに。

それが、どんなに尊いことか。

産み落とした自分を大いに認めて、受け入れてくださいな。

「わたし、よくやった」って。

それが、生きるエネルギーになると思うんですよ。

わたしにとって、お産は〇〇 

語り合いをふりかえって、自分にとってのお産を一言で表してもらいました。

●お産とは、「わたしそのもの」

お産には、まるごとの自分がすべて出ます。どんなお産であっても立派なお産です。

自分が産み落としたという体験が今の仕事をする原動力になりました。

今のわたしがあるのは、いいお産を体験したからです。

●お産とは、「祝福」

命を授かる、子どもを産むっていうことって改めてすごいことなんだなあと思いました。自分が産んだ命は、自分だけのものではないんです。家族にとっても大事なものであるんだなあと思いました。

お産とは、「新世界」

産む前までは、ステレオタイプのお産のイメージしかなかったです。赤ちゃんが回旋して産まれてくることなど母親学級で習った通りのイメージ。でも、実際は、まったく違いました。子どもが産まれて全く新しい世界が待っていました。子どもがいることは、「すてきなこと」と改めて思いました。

お産とは、「人生のターニングポイント」

子どもを産んだことで人生が大きく変わりました。見方・考え方が大きく変わりました。

お産について思うことも、ひとりひとりみんな違います。

「みんなちがって みんないい」

そんな言葉がふわっと浮かんできました。

 次回は、「オキシトシンリッチになるだっこひもは?」のお話しをします。

 

木村さん関連はコチラ↓

しらさぎふれあい助産院 - しらさぎふれあい助産院