てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

やっぱりお産のふりかえりって大事(第3回お産のふりかえり会④/4)

f:id:norimiy:20161207164643j:plain

参加してくださったみなさんからのすてきな感想をいただき、「ほっこり」と。

「ほっこり」のおすそわけです。

●出産した病院では、バースレビューはやっていませんでした。

一度、お産のふりかえりをしたいと思って参加しました。

お医者さんや助産師さんに頼りきりのお産でした。

でも、自分のお産のことを話して、

みんなに聞いてもらうことで、やっと、

『わたしのお産なんだ』と、

自分のお産が心にストンと落ちたような気がします。

すてきな、機会をありがとうございました。

●のりみさんの『赤ちゃんは、お母さんの悲しむことは、しません。』

このメッセージがとっても素敵な表現で心に残りました。

この言葉に救われるお母さんは、多いと思います。

じわっと染み込んでいきました。

●たくさん準備をしてくださってあり、そんな思いが伝わってきました。

 やっぱり、お産のふりかえりって大事だな

「お産のふりかえり」ってあんまり知られてないけど、やっぱり大事。

3回目を終えてさらに、思いが強まりました。
母になるはじめの一歩を踏み出すため”自分のお産を受け入れる”大切なワーク。
お産って女性にとって、そして家族にとって人生の一大事業。
100人いれば、100通りのお産のドラマがあります。
赤ちゃんの心拍が弱い

へその緒が肩に巻き付いてしまった

など苦難を乗り越えてのお産も。
自分の思い描いていたお産ができなかったことに、罪悪感や無力感でいっぱいになることも。

医療の介入があろうとも、

無事赤ちゃんに出会えたことを大事に思ってほしいんです。
だいじょうぶだよ。
どんなお産だって立派なお産だよ。

「わたしは、精一杯やった。

 赤ちゃんと出会えてよかった。」と。

自分のお産をまるごと受け止めて、

だいじょうぶといってあげられる。

これが、前に進むエネルギーになると思います。

わたし自身が、みなさんと語り合う中で、その場からわき上がってくるような「あったかい」ものを感じました。

いっしょに語ることができたことに、感謝します。

f:id:norimiy:20161207164751j:plain

ちょこっと「ほっこり」

ワークショップ当日のふしぎな出会い。

すてきな友人にばったり。

「のりみさんがんばってね。」

あー。

いい日になりそうだなあと思っていると、

「ワークショップ、盛会となりますように、お祈りします。」

あったかいメールまで、いただきました。

見守ってくれる人がいる。

それだけで、人って勇気が湧いてくるんですね。 

 第3回お産のふりかえり会のすべての記事(3つ)はコチラ↓

 

norimiy.hateblo.jp

 

 

norimiy.hateblo.jp

 

 

norimiy.hateblo.jp