てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

お産で赤ちゃんと深くつながるって大事

f:id:norimiy:20161215200341j:plain

「好きな人を誘ってランチする会」というステキな企画があり。わたしの「お産のふりかえり会」に参加してくださった方からお誘いを受けました。

わたしが、彼女にとって「好きな人」として誘ってもらえたこと。それが、何よりもうれしく「ほっこり」とそして「わくわく」でいっぱいに。

ランチ会では、とってもステキな方とご縁があり。うれしくて、みなさんにお伝えしたくなりました。

赤ちゃんとつながるお産

「のりみさんは、希望の星です。赤ちゃんがほしくて悩んでいる人を勇気づけてください。」カヨコさんの一言。うれしさで思わずニッコリ。

なんと。なんと。

お産に対する考え方があまりにも同じで!

すっかり意気投合!

カヨコさんとの出会いが、自分のお産を見つめ、意味づけるきっかけになりました。

カヨコさんは、こんなお話しをしてくれました。

「ヒプノ・催眠出産っていうのをやっていたの。

深ーいリラックスの中で、潜在意識に働きかけるの。

心の奥の深ーいところで赤ちゃんとつながる感じかな。」

うん。うん。なんかわかりすぎてコワい。

「痛い・怖い」から「えがおへ」

ー陣痛をポジティブに

カヨコさんは、さらに続けます。

「陣痛って”痛い・怖い”って思い込むから、よけい怖くなるわけで。

イメージの仕方を変えればもっと、違ってくる。

明るいものになる。

例えば、悪いイメージは、こう。

暗闇の中で背後から誰かがヒタヒタと後をつけてくる。

いきなり、ゴツゴツしたフランケンシュタインみたいな男に抱きつかれる・・

もう、恐怖で凍り付くよね。

その時、緊張で筋肉はこわばり、子宮に力が入りすぎて赤ちゃんが出てきにくくなる。

いいイメージはこう。

キラキラと満天の星空の中、すてきなイケメンに後ろからそっっと抱きかかえられる。うっとりしちゃいますね。

リラックスが大事かな。」

そうだ。そうだ。

わたしは、陣痛を「赤ちゃんからのメッセージ」ってとらえていました。

陣痛を「いいイメージ」でとらえられるといいですよね。

マイナスイメージの思い込みをプラスのイメージに転換することなんですよ。

カヨコさんは、「赤ちゃんとつながるお産・ヒプノバーシング・睡眠出産」

の考え方を先生から教わり、実行。

リラックスしたお産は、大安産だったそうです。

「ヒプノバーシング・睡眠出産」って何ぞや?なんか怪しい?

「睡眠出産」って聞くとなんか宗教っぽくて怪しそうな匂いがぷんぷん。ご心配なく。どんなものが調べてみました。※以下「アトリエサロンVerdure」のホームページより引用 赤字添加のりこ

● 催眠出産は、キャサリン妃が取り入れたことで話題になった、催眠を使って出産に望む出産法です。
ママは、赤ちゃんが自ら生まれ出てこうとする力をサポートします。
催眠は、陣痛の痛みの不安や恐怖を取り去り、あなたがすでに持つ安産力を引き出します。
親子の愛のつながりを基盤に過ごした妊娠・出産体験は、
「私ってすごい!」「赤ちゃんってすごい!」という親子の信頼感と絆が深くなり、素晴らしい自分と子どもの可能性を発見する機会になるでしょう。

で、どうやったらいいの?

陣痛=痛い・怖いの思い込みをどうやって、プラスのイメージにもっていくのか?

赤ちゃんと深くつながるためには、どんなことをやっていけばいいのか?

わたしは、「催眠出産」を行いませんでした。しかし、考え方としてはかなり近いところをやってきました。それは・・・

妊娠中わたしなりにやってきた方法を伝えたいなと思います。