てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

わたしが伝える意味[ふれあい・ママサロン]

 f:id:norimiy:20170224114028j:plain

「わたしが伝えることの意味」って?

お産っていいことばかりじゃない。

「この子のために自分のために必要なことだった・・だから・・」

自分の中で抑え込んで見ないようにしてきた気持ち。

そんな気持ちを出したっていい。

そんなどろどろとした感情を受け止めることができれば・・

時に、後ろから横からそっと見守ることができればいい・・・

最終的に、その人が自分の力で乗り越えていくことができれば・・・

少しずつ会を重ねるごとに、お産のお話会やお産のふりかえり会をやることの意味をそんなふうに考えるようになりました。

 

先日行った「ふれあい・ママサロン」でのお産のふりかえり会では、多くの方から感想をいただきました。

心のデトックス

ふりかえることって大事

だいじょうぶ!

●まだ産後2か月なので記憶に新しいけど、改めて人と話すと「心のデトックス」になる気がしました。

 

●「ふりかえること」によってうれしかったことや苦しかったことを思い出した。

他の方の体験を聞けたことによって「わたしはだいじょうふ、いいんだ」と思えた。これからも、がんばろうと思えた。

 

●それぞれのお産があるだなと改めて思いました。ママは、もちろん赤ちゃん自身もがんばって生まれてきたんだと思いました。ちょうど、昨晩夫と出産の時の話をしたこともあり、妊娠中~出産までのことをたくさん思い出し、家族赤ちゃん、みんなに感謝の気持ちがわきました

「ふりかえること」がとっても大切なことだと思いました。

 

●妊娠初期に赤ちゃんが成長しておらず、とても心配だったことや急に緊急帝王切開が決まり、思い描いていたような出産にならなかったことなど。

ひっかかっていたことを改めて思い出し、それを参加者の方々と共有できたので、今までより受け止めることができたように思います。

 

●初めて自分のお産をふり返ってみました。無痛分娩で楽なお産だったので、母親の役目を果たしていないんじゃあないかと思っていましたが、そうではないなあと考えがかわりました。

前回記事↓ 

norimiy.hateblo.jp

f:id:norimiy:20170303095223j:plain

 3月4日(土)「心をゆるめる・お産のふりかえり会」おかげさまで満席となりました。

ありがとうございました。

いよいよ明日になります。

わくわくしています。

 

40代妊活中の方からのお問い合わせもいただいています。

「ゆっくり・だいじょうぶ・わたしらしい妊娠の会」などもやっていこうかなあと思っています。