てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

お産のふりかえりへの思い

どうしてわたしは、

「お産のふりかえり」を続けているのか?

わたしを突き動かすものは何だろう?

お産への思い。

原点に立ち返ってみたいと思いました。

f:id:norimiy:20170510153719j:plain

わたしのお産は、

これででいいんだよ

お産は、あなたと赤ちゃんが紡ぐ

かけがえのないもの。

一つとして

同じものなんてありません。

100人いれば、

100通りのお産のドラマがあります。

赤ちゃんの心拍が弱い

へその緒が肩に巻き付いてしまった

やむなく帝王切開

思い描いたお産にならずに

無力感でいっぱいになることも。

 

そんなお産はダメなお産?・・・・

いえいえ。

どうか自分を責めないでください。

 

赤ちゃんは、

お母さんが悲しむことは

しません。

それは、

お母さんと赤ちゃんにとって

必要なことだったのかもしれません。

 

無事に赤ちゃんに出会えたことを

大事に思ってほしいんです。

「わたしは、精一杯やった。

赤ちゃんと出会えてよかった」と。

「わたしのお産は、

これでよかったんだ」と。

 

自分のお産を丸ごと受けとめて

「だいじょうぶ」と

いってあげられる。

これが、前に進む

‘‘勇気のエネルギー”に

なると思います。

 

想いを語り合う

心がほっこりする

それが、「お産のふりかえり会」

お産でうれしかったこと

心につっかえていること

傷ついたこと

傷ついた心にフタをして

見ないようにしてきたこと

そんな自分の心と向き合う。

心にそっと手をあてて。

 

わきあがってきた自分の想いを

言葉にしてみる。

みんなで想いを共有する。

そして、

「心がほっこりあたたかくなる」

「みんなとこの場にいることがうれしい」

そんな気持ちになる。

 

そんなふうに

心がほかほか、あったかくなる場

なんですよ

「おさんのふりかえり会」って。

 

参加者のみなさんとの

‘‘あったかい心のふれあい”が

できるといいな

そんな思いで

わたしは、今日もこの場をひらく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

10:30~12:30

北区十条

「ほっこり~の」

お申し込みはコチラ↓

ほっこり~の 講座予約カレンダー

 

f:id:norimiy:20170224113412j:plain