てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

わたしを突き動かすもの

わたしは、どうして自分のお産のことを語ろうと思ったのか?

どうして「お産のふりかえり会」をやろうと思ったのか?

原点に立ち返りたいと思った。

二人の言葉

わたし自身のお産をふり返った時に、

いつまでも心に刻まれた言葉がある。

その言葉を思い出すと心がほっこりあったかくなる。

「あなたは、あなたのままでいい」

そんなふうに大きなものに包まれたような気持ちになれる。

その言葉とは、

「二人ともよくがんばったね」

赤ちゃんが生まれた瞬間、夫がかけてくれた言葉。

待ちに待った赤ちゃんとの出会いの瞬間。

赤ちゃんを初めて抱いた時、

「これってホントなのか?」

「わー。ちっちゃい」

ふわふわして実感がつかめなかった。

壊れそうなくらいはかない。

しかし、ドクドクと心臓の音が力強く聞こえてくる。

夫からそんな言葉をかけてもらい、

朦朧としつつも、

「あー。よかったなー。」

身体中の細胞で喜びを感じ取れたような。

そんな気持ちになった。

お母さんの姿が神々しくて

東大病院で担当のの助産師さんとお産のふりかえりをやったときのこと。

助産師のSさんが次のように言葉をかけてくれた。

「あなたのようにすばらしいお産はみたことがありませんよ。

お母さんと赤ちゃんがいっしょになってお産に臨んでいて。

赤ちゃんの陣痛にお母さんが寄り添うように応えていて。

お母さんの姿があまりにも神々しくて。

あったかいお産でした。

わたしは、助産師としての自分のあり方を問い直しました。

お産は、お母さんと赤ちゃんのもの。

わたしたちは、そっと見守るだけでいい。

あなたのお産のことをぜひ、みなさんに広めてください。」

 

 二人の言葉からの気づき

ありのままの自分でいいんだ

自分が一人の女性から‘‘母親”となったその時、

夫と助産師のSさんが、

ありのままのわたしを受け止めて勇気づけてくれた。

「だいじょうぶ。

あなたのお産はそのままでいいんだよ。」

二人の言葉にはそんなメッセージが込められていたんだな。

 

あなたのお産を勇気づけたい

自分のお産を受け止めもらったことで心がほかほかあったかくなった。

‘‘勇気のエネルギー”でいっぱいに満たされた。

 

今度は、わたしが、だれかのお産を受け止める人になりたい。

ひとりひとりみんなちがうお産の体験をみんなで語り合う。

「わたしのお産はこれでいいんだ」と

自分にやさしくなれる。

心がほっこりする。

語る人、それを聴く人。

その場にいるみんながあったかい気持ちになれる。

そんな場をつくっていきたい。

過去記事コチラ↓

 助産師さんの一言に突き動かされて - てんてんぽこん

f:id:norimiy:20170224113412j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

10:30~12:30

北区十条

「ほっこり~のプラス」

ほっこり~の 講座予約カレンダー

※おかげさまで問い合わせ、たくさんいただいています。