てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

これってわたしの天命かも?

友人の南波さえさんが、

わたしのお産のふりかえり会のことを

紹介してくれました。

とってもあったかい文章で・・

思わずじーんときてしまい・・・

何回も何回も読みました。

こんなふうに見守ってくれる人がいる。

見ていてくれる人がいるって、

それだけでとってもうれしい。

背中からあったかく包んでもらっているような・・

そんな気持ちになりました。

 

そして、壮大なことまで考えてしまいました。

「自分のお産を語ること

 お産のふりかえり会をやること

 これは、わたしの天命かも・・」

なんだか大げさなようだけど・・・・

 

以下さえさんが書いてくれた文章です。

 

 

子どもは‘‘世界を映す鏡”

だから、わたしたち大人に

何か伝えなければならないことを

いろんな手段で身をもって

伝えようとしているんじゃないか。

そして

自分の子どもが

産まれて来てくれる

その時こそ

自分の本質を

純粋に知ることのできる

最たるシーンなんだと。

改めて思ったりした。

 

出産を経験した女性にとって、

「母」という生き物になったその瞬間を

ふり返るってことは、何だろう?

どんな意味があるんだろう?

 

どんなお産だったとしても

生命が

この世に降り立つ時に

‘‘自分という存在は、

絶対に尊い”と

認め、意識することが

できるチャンス

なのかな。

 

‘‘自分は大切な存在なのだ”

信じられることが、

その後の

子育てだけでなく、

様々な困難を

乗り越えてしまう

自分の力になるような

気がする。

子育てがスタートすれば、1人でそんなことを考えている暇などは、片時もないのだけれど・・

 

そのお産について、人と語り合える場を作っている人がいる。

おののりこさんは、

47歳で初めてのお産をし、

「お産の経験を語ってほしい」と

担当の助産師さんから

すすめられたことがきっかけで、

自らのお産を互いに語り合えるという場を開いた。

 

お産の経験を語ることは、

女性が自分を裸にして本質を語ること。

人としてとても誇らしい気持ちをもてること。

話す人にとっても

聞く人にとっても

人という存在に

‘‘心底やさしく”なれる。

なんて、すてきな活動だろうと思う。

 

子育てについて、自分の生き方について

何かしらのひっかかりや不安や迷いを感じつつも、

日々の慌ただしさに追われて

目を向ける余裕すらないお母ちゃんたち。

見ないようにしていることこそ

とても大切な生きるヒントがあるのかもしれない。

 

お産に対するわたしの想いは↓ 

わたしを突き動かすもの - てんてんぽこん

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

「心をゆるめるお産のふりかえり会」

5月17日(水)

ほっこり~の 講座予約カレンダー

 おかげさまで、申し込みいただいています。 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

南波さえさんは、「おむつなし育児アドバイザー」「カラダオーケストラ・インストラクター」として活躍中。

防災講座とカラダオーケストラのコラボも。

さえさんのblogは、コチラ↓

ameblo.jp

  のぞいてみてくださいね。