てんてんぽこん

「お産カフェ」オーナー・のりみです。47歳初産・安産ぽこん。お産のおはなし・日々のちょっとした「ほっこり」「ワクワク」することを発信中。ご連絡は、0364norimiy@gmail.com

赤ちゃんと深くつながる「バースストーリー」

 「いいお産、幸せなお産をするために大事なことは、

おなかの赤ちゃんと心の奥深くでつながっていること。

赤ちゃんとお話することを大事にしてください。」

胎内記憶の第一人者である池川明先生のお話を聞いて、魂が震えました。

わー。わたしが感じていることと同じ。

お産について、わたしなりに直感的に肌で感じていたことは、確かなことなんだ。と。

f:id:norimiy:20160921222401j:plain

‘‘未来への約束”

 わたしは、お産のときに「赤ちゃんへの手紙」を書きました。

赤ちゃんと出会う「未来への約束」です。

「あなたとこんなふうに出会いたいよ。」という気持ちをこめて。

 

今、ふりかえるとしみじみ思います。

赤ちゃんと深くつながることができたことって大事なことだって。

自分を。そして赤ちゃんを信じ切った。

だから、お産の時にオキシトシン(幸せホルモン)がたくさん出た。

それが「えがおで幸せなお産」につながったのではないかと。

 

 

赤ちゃんと深くつながる

「バース・ストーリー」

「バースストーリー??」と思う人が多いと思います。

バースプランは、今やお産のときは必ず書くと思います。

東大病院では、バースプランを次のように位置付けています。

「出産されるママ自身がご自分の出産についてイメージをもち、どのような出産にしたいのかを考え、主体的にお産に臨むためのものです」

「お産の時にしたいこと・・足湯、背中をおしてほしい。産後はカンガルーケアをしてほしい。などなど」といったメニュー的な要素が強いと思います。

 「バースストーリー」は、

赤ちゃんと深くつながるワーク

♥「バースストーリー」って?

●「バースストーリー」は、あなたと赤ちゃんがお話ししながら書く「出会いの手紙」

♥「バースストーリー」を書くとどんないいことがあるの?

●お産のイメージがはっきりもてるので、ゆとりをもってお産に臨むことができます。

だんなさんといっしょに読むとお互いの思いが共有できます。

[お産のイメージトレーニング完了!]

お産には予期せぬことが起こることがあります。

突然の変化が起こってもだいじょうぶです。

あなたは、赤ちゃんとつながり、

「出会いの約束」をしてあるのです。

だから、

あー。。

赤ちゃんは、

こんなふうに生まれてきたいのね?

うん。わかった。と

落ち着いてお産に臨むことができます。

 

バース・ストーリー誕生秘話

この「バースストーリー」は、

あるふしぎな体験がきっかけで生まれました。

37週。

もういつ生まれててもおかしくない。

わたしの赤ちゃんって、どんな赤ちゃんなんだろう。

うれしさいっぱい。

ちょっぴり不安も。

 

そんなある晩、ふしぎな夢を見ました。

おむつ一丁ではいはいして赤ちゃんが近づいてきます。

赤ちゃんは、にこにこ笑っててかわいい。

夢は、一晩だけでは、ありません。

別の日には、大きめの赤ちゃんがわたしのとなりで寝ている夢も。

夫にも夢の話はしました。

「もうすぐかもしれないね。」

そうだ。もうすぐなんだ。

これって、赤ちゃんからのメッセージかも。

 

わたしは、あなたと出会えるのを楽しみにしているよ。

もっと深く赤ちゃんとつながりたいと思い、「赤ちゃんへの手紙」を書くことにしました。

f:id:norimiy:20160921222417j:plain

ぽかぽかとあたたかい日差しの中

その日を迎えました

こんな書き出しから、始まり・・・

~~~~~~~~~~~~~~

あっ。なんかいつもとちがうな。

これは、ぽこんちゃんからの合図かもしれない。

わたしは、

「陣痛は、ぽこんちゃんからのメッセージ」

であることをよくわかっていました。

だから、

陣痛がくるたびにぽこんちゃんを

強くイメージしました。

♥ぽこんちゃんのにこにこ笑顔

♥はいはいして近づいてくるかわいい姿

♥はじめてのおっぱい。

飲んでくれたね。

そうやってぽこんちゃんをイメージしたら

陣痛の痛みは、痛みとして感じなくなりました。

~~~~~~~~~~

いよいよ分娩室に向かいます。

ぽこんちゃんは、

右回りでゆっくりゆっくり

暗い道を

勇気を出して下っていきます。

ぽこんちゃんは、

自分の力を信じています。

だから、‘‘この道”と

信じて進んでいくのです。

わたしは、ぽこんちゃんがおりてくるのを

ゆっくり感じています。

パパも見守ってくれています。

手を握ってくれたり一生懸命です。

わたしは、リラックスしているので、

ぽこんちゃんも少しずつ右にまわりながら

おりてきやすくなりました。

~~~~~~~

 

未来完了形で。

赤ちゃんとの出会いは叶いました。

そんな気持ちで書き綴りました。 

こうして、

心をこめて書いた

「バース・ストーリー」は、

わたしに大きな力を与えてくれました。

お産のときに

あったかいお日さまに

つつまれているような

安心感がありました。

そして、

驚くことに実際のお産では、

書いたことの

ほぼ90%が実現したのです。